top of page

豊かな自然

心地よい環境を

子供たちへ

そして孫たちへ

サワンド建設(株)

環境方針

基本理念

受注及び利益の確保を根底におき、労働安全衛生の体制を確立し安全で働きやすい

職場づくりに取り組むとともに、当社の事業活動から生じる環境負荷の低減に努め

地域社会の信頼を得られるよう、全社、環境保護活動を推進します。

基本方針

1.事業活動の実施にあたっては、全社員が美しく豊かな自然環境のなかで従事していることを常に認識し、生態系の保護と汚染の予防に取り組みます。また、労働災害を重要課題と位置づけ、危険源を除去し、労働安全衛生リスクの低減に努めます。
 
2.環境影響評価およびリスクアセスメントに基づき、環境・労働安全衛生目標を定め、ESHマネジメントシステムを推進します。また、その結果の見直しを行い、ESHマネジメントシステムの継続的な改善を図ります。
 
3.地域の特性を踏まえた技術の導入等、労働者の意見を取り入れたインフラの整備に積極的に取り組み、作業効率および労働安全の向上を図ります。
 
4.豊かで恵まれた自然を次世代に継承してゆくために地域社会と連携し、地域の環境保護活動に
積極的に参加、協力していきます。
 
5.環境・労働安全衛生に関連する法規、その他の要求事項を順守します。

​6.基本方針は、文書により全従業員及び協力会社に伝達し、社外にも公表します。

2021.2.1
代表取締役 川上隆英

 サワンド建設・環境活動 

 当社は、環境保護活動の一環として特定外来植物の駆除作業を毎年、継続して行っています。

 要注意外来植物を含めるとかなりの外来植物が見られるようになり、 特に涼しい気候と湿地を好むオオハンゴンソウは中部地方以北の寒冷な地域で、河川敷、湿原、荒れ地等で繁茂し在来種への影響が懸念されています。

 旺盛な繁殖力の要因は、1株当たり1,600個という種子を作り、また、その種子には休眠性があり、約5年から6年土壌に埋まっていても発芽能力を維持しており、発芽条件を阻止するものがなくなると発芽してくることです。
 また、根から側枝を伸ばし繁殖できることです。
 根は年数が経つと芋の様になり固く人力での除去が難しいほどで、耐寒性にも優れています。

 
 今のところ駆除の有効な手段はなく、​地道に抜取、花をつける前に刈り取る、を行うしかありません。

大野川校-3.JPG
大野川校-1.JPG

H30.6.26 大野川校教員住宅裏 大野川校の小学生と自然保護レンジャ-の方と合同で除去作業

沢渡外来種-3.JPG

R1.7.4 沢渡町会と合同で国道158号線上高地ホテル前、樋口駐車場下旧道でオオハンゴンソウの駆除 

ゲレンデ-2.JPG
三本滝-3.JPG
RIMG2714.JPG

​毎年、長野県乗鞍自然保護センタ-主催の自然保護活動に参加、協力​。
主に乗鞍高原スキー場ゲレンデ内の駆除

8.28白骨-2.JPG
8.28白骨-1.JPG

​平成23年より毎年、ス-パ-林道白骨線展望台上で当社主催のオオハンゴンソウの駆除を実施。

105-7.JPG

R2年5月 白骨温泉竜神の滝のすぐ下までハルサキヤマガラシが入ってきました。
これ以上いかないように3年前から除去しています。

103-1.JPG

​絶滅危惧種のタガソデソウ
工事着工前に植生調査を実施、守るべきものはテ-プで囲い作業員へ周知、植生の保護に取り組んでいます。

 産 業 廃 棄 物 情 報 

当社は長野県と「産業廃棄物3R実践協定」を締結しています。
また、産業廃棄物収集運搬許可(2019年2月取得)業者としてISO14001の手順に従い、産業廃棄物の適正処理及び減量化に努めています。
産業廃棄物排出量
令和4年度(R4.4.1~R5.3.31)
総排出量
再生資源化材
がれき類  1804.12t
木くず    35.21t
1851.05t
廃棄(埋立、焼却)
がれき類      0t
廃プラ類    5.85t
金属くず   4.59t
汚泥     1.28t
​産業廃棄物減量化に向けた活動・環境活動など
当社は、毎年春に国道158号線・木賊トンネル~山吹トンネル上の道路沿線でごみ拾いを実施しています。
また、各現場においても現場周辺のごみ拾い、側溝の落葉除去等 季節に応じた活動を行い、観光地・安曇に位置する業者として配慮しています。
P4270026.JPG
bottom of page