季節たより

2019.2.28  上高地

 ​早春の装い・・・2月なのに吹く風が心地よい大正池からの穂高岳です。釜トンネルから歩いて約1時間半冬の上高地は静かで、息をのむほどきれいです。 

 

   

2019.2.28 上高地

大正池上の化粧柳

北海道と上高地にしかないと言われる化粧柳。 例年2月下旬から3月中旬にかけて、白一色の上高地を赤い芽吹で彩ります。​今年は例年よりだいぶ早く、草色の芽吹さえ見えました。

田代橋から穂高岳

5月連休頃の上高地の景色みたいです。ここから見る河原中央の化粧柳の群落は若木のせいか、とても赤が美しく感じます。

大正池から田代池へ向かう遊歩道

いつもなら、橋の柵の上をずっと下に見ながら歩くのですが、ごらんのように夏道とほぼ変わらない状態です。

​私たちの生活環境は確実に変わってきています。

大正池辺りの橋で猿を発見!!

足が冷たいようで、着地面を小さくして、交互にあげていました^^

​金属の上に座らなければいいのに・・・

 

梓川流域に広がる化粧柳

背景の白樺の白と芽吹の赤が静かな上高地で温かく感じました。

​水温む春ですね

河童橋から梓川

いつもは真っ白な河原も土手も雪がありません。

どこでも歩ける真冬の上高地・・・  陽だまりは暖かく、おにぎりも凍らない・・・

​でも、喜べません。

河童橋から焼岳

​これも定番の風景ですが、やっぱりきれいです。

河童橋から穂高岳

 

定番の絵葉書風景

それでも、やっぱりきれい!!

​遠く中央に僅かに赤い化粧柳の群落が見えます。

 私たちの会社は、松本市安曇地域での道路の
整備・維持管理、河川の護岸作業、斜面(法面)
の保護等の施工をしています。
 時にはまだ人が足を踏み入れたことのない
場所に入り、一般の人が、まだ見たことのない
風景の前に立ち測量をする・・・
   山を身近に感じる仕事です。

 仕事は、沢渡、乗鞍、上高地、白骨の地域が
主となります。
 ずいぶん狭い区域と思われるかもしれませんが
山間の急斜面が多い山岳道路での工事は手間と
時間がかかります。
 また、国立公園内の施工が多いため、施工前に
植生調査をおこない 希少種を保護したり
 外来種の駆除、土壌の復元、立木の保護
 種子を持ち込まないための機械の洗浄等
豊かな自然を残すための手間も惜しみません。
 これは、この地域で作業する私たちの会社
だからこそできる自然環境への配慮なのです。


 山の中で仕事をするのはいいものです。
山と深く関わって作業しているうちに何度も
目にする岩の一つ一つ、木の一本一本に地質や
  標高を・・・鳥の声や雲の流れ、雨や風の
  においに天気や季節を感じるようになります。


 毎日見ていてもいいと思う風景がここにあります。
 自分だけのとっておきの場所がある・・
これは山で仕事をする人だけの特権です。
 動物たちのたてる森の中の小さな音や植物が
 知らせる季節の移ろいは、あなたが忘れていた
時間や物を思い出させることでしょう


 

                          サワンド建設株式会社