季節たより

2020.12.24

クリスマスの前日に、湯の里公園付近のロータリーに出来上がったこの物体、色合いこそ似ているものの、クリスマス・ツリーではありません(^^;)

一本の心棒(主柱)に寄りかかるように、無数の杉や松の枝葉が組み付けられます。

そして形が整うと、注連縄などの正月飾りや古いお札、だるまなども差されます。

 

これは「三九郎」という行事で燃やす、言わば櫓(やぐら)のようなもの。

俗に言う「左義長」や「どんど焼き」のような行事なのですが、中信地域だけは「三九郎」と呼ぶのだそうです(由来は諸説あり)。

これから年を越し、小正月を迎えるまでの3週間、時折雪を被りながら、静かに出番を待ちます。

2021.1.12

年が明け、三九郎の日が近づくにつれて、お札やだるまの数が増えてきました。

注連縄もその仲間に加わっています。

例年なら太鼓の演奏や出店などもあり、盛大に行われる行事なのですが、今年は残念ながら新型コロナの影響により、太鼓や出店は中止が決定してしまいました。

いつもとは違い、神聖な炎を静かに見上げる夜となりそうです。

2021.1.14

いよいよ三九郎の夜がやってきました。

町会長の挨拶の後、櫓に火が入りました。

瞬く間に燃え広がり、櫓全体がまばゆい光に包まれます。

炎の勢いは想像以上で、熱気もまた想像以上。

5mほど離れて見ていましたが、体の正面はかなり熱く、これ以上はちょっと近寄れません(×_×)

やがて、大量の火の粉が寒空に舞い始めました。

激しく立ち昇るそれは、まるで冬の夜空へと駆け上がる龍のようでもあります。

 

 

点火からおよそ30分後、櫓は燃え崩れ、消防団員の

方々が燃え残った木を中心に集めていました。

 

この間、掛け声とともに大量の銭が撒かれていましたが、これは沢渡独特の習わしだそうです。

厄年の人が「投げ銭」をし、他の参加者に拾ってもらうことにより、厄落としになるのだとか。

一方、これを拾った方は、そのまま持ち帰ると「厄を持ち帰る」こととなってしまうため、出店で使うなどして持ち帰らないようにするのだそうです。

私もいくらか拾いましたが、困ったことに今年は出店がない。

仕方なく、自動販売機でコーヒーやジュースを買って使い切りました(そのため、小さなカバンがパンパンに…)

 

今年は静かな三九郎となりましたが、出店や太鼓の音がないのは、やはり物足りないもの。

来年こそは、いつもの賑やかな三九郎が催されることを願って止みません。

2019.2.28  上高地

 ​早春の装い・・・2月なのに吹く風が心地よい大正池からの穂高岳です。釜トンネルから歩いて約1時間半冬の上高地は静かで、息をのむほどきれいです。 ​

​例年なら雪で埋もれているのですが、地面が出ていて驚きです。対岸の化粧柳の赤い新芽が美しいのですが・・・もう萌黄色にも見えます。

大正池から田代池へ向かう遊歩道

いつもなら、橋の柵の上をずっと下に見ながら歩くのですが、ごらんのように夏道とほぼ変わらない状態です。

​私たちの生活環境は確実に変わってきています。

大正池辺りの橋で猿を発見!!

足が冷たいようで、着地面を小さくして、交互にあげていました^^

​金属の上に座らなければいいのに・・・

田代橋から穂高岳

5月連休頃の上高地の景色みたいです。ここから見る河原中央の化粧柳の群落は若木のせいか、とても赤が美しく感じます。

 

梓川流域に広がる化粧柳

背景の白樺の白と芽吹の赤が静かな上高地で温かく感じました。

​水温む春ですね

河童橋からの穂高岳と焼岳

定番の絵葉書風景ですが・・・

やっぱりきれい!!

​遠く中央に僅かに赤い化粧柳の群落が見えます。

毎年4月27日に行われる上高地開山祭     寒い日が多いのですが、今年はどうでしょう

 私たちの会社は、松本市安曇地域での道路の
整備・維持管理、河川の護岸作業、斜面(法面)
の保護等の施工をしています。
 時にはまだ人が足を踏み入れたことのない
場所に入り、一般の人が、まだ見たことのない
風景の前に立ち測量をする・・・
   山を身近に感じる仕事です。

 仕事は、沢渡、乗鞍、上高地、白骨の地域が
主となります。
 ずいぶん狭い区域と思われるかもしれませんが
山間の急斜面が多い山岳道路での工事は手間と
時間がかかります。
 また、国立公園内の施工が多いため、施工前に
植生調査をおこない 希少種を保護したり
 外来種の駆除、土壌の復元、立木の保護
 種子を持ち込まないための機械の洗浄等
豊かな自然を残すための手間も惜しみません。
 これは、この地域で作業する私たちの会社
だからこそできる自然環境への配慮なのです。


 山の中で仕事をするのはいいものです。
山と深く関わって作業しているうちに何度も
目にする岩の一つ一つ、木の一本一本に地質や
  標高を・・・鳥の声や雲の流れ、雨や風の
  においに天気や季節を感じるようになります。


 毎日見ていてもいいと思う風景がここにあります。
 自分だけのとっておきの場所がある・・
これは山で仕事をする人だけの特権です。
 動物たちのたてる森の中の小さな音や植物が
 知らせる季節の移ろいは、あなたが忘れていた
時間や物を思い出させることでしょう


 

                          サワンド建設株式会社